暮らし・便利

日本三大名泉のひとつ|岐阜県の下呂温泉にあるお店をご紹介

牛のイス

みなさんこんにちは、ボーノです。

このたび岐阜県下呂市の下呂温泉に行ってきましたので、訪れたお店をご紹介します。

下呂温泉とは

岐阜県にある下呂温泉は、兵庫県の有馬温泉と群馬県の草津温泉と並び「日本3名泉のひとつ」と称される日本を代表する温泉です。

徳川家康から四代の将軍に仕えた江戸時代の儒学者、林羅山が『林羅山詩集第三西南行日録』において以下のように伝えています。

「我が国は諸州に温泉を多く有す。その最も著しいものは、摂津の有馬、上州の草津、飛騨の湯島(下呂)、この三か所なり」、「今、有馬、草津は広く世の知るところとなり。湯島は古来の霊湯たること、遠く知るもの少なしといえども、入湯する人はその験を得ざることなし」

www.gero-spa.com

アクセス

今回は、名古屋まで新幹線で行き、そこから特急『ワイドビューひだ」に乗って下呂駅まで行きました。

『ワイドビューひだ』はその名のとおり、窓が大きく、道中は外の景色をとても楽しむことができます。

名古屋の都会の風景から、田舎ののんびりとした風景、山中の険しくも美しい風景など、約2時間の旅はあっという間でした。(けっこう揺れる区間もありました。)

席もゆったり座れ、トイレや自動販売機もありました。車内販売は行っていませんでした。

kakuyasu-ryoko.com

飲食店

現地では、すべて徒歩で楽しみました。

少し坂道もありますが、湯の街通り白鷺坂阿多野通りに多くの旅館、お店、足湯スポットが集まっており、基本的に徒歩で大丈夫と思います。

湯島庵

パンフレットや雑誌に必ずと言っていいほど載っている「湯島庵」。こちらでは、飛騨牛の炙り寿司を食べることができます。

私が行った際も10組程度並んでいたと思います。ただし、テイクアウト専門なので、10~15分程度の待ち時間で購入することができました。

一押しメニューである「珠玉の3種盛り」を注文。お値段は900円。

f:id:buono-buono:20190429222253j:plain

写真左から、

飛騨納豆喰豚豚バラにぎり、②飛騨牛霜降りにぎり、③飛騨牛赤身にぎり

の3種類がエビせんの上に乗っかって出てきました。

ちなみに、飛騨納豆喰豚(なっとくとん)とは、納豆をエサにして育てた下呂特産のブランド豚らしいです。

3種類ともとても美味しかったですが、私は②の飛騨牛霜降りにぎりがNo.1でした!とにかく、口の中でとろけます!この感動をみなさまもぜひ味わってみてください!

お店の前にある牛のイス(えーごくん)が目印です。

f:id:buono-buono:20190429224003j:plain

湯島庵 – 下呂/カフェ [食べログ]

下呂プリン

次にご紹介するのは「下呂プリン」、その名の通り、プリン屋さんです。

今年の2019年3月14日にオープンしたばかりらしいですが、すごい人気のようで私が行った際も行列ができていました。

・下呂ソフト(プレーン)

・下呂プリン(まろやか)、下呂プリン(レトロ)

を購入しました!

ソフトは抹茶味、ミックスもあり、プリンはメロンソーダ、コーヒーゼリー、イチゴなど、数種類ありました。

(筆者は、アイスならバニラ、ケーキならショートケーキといった具合にスタンダードなものを好むタイプです)

温泉の湯舟をモチーフにしたイートインコーナーもありますが、お店自体が大人気のため、たまたま席が空いたタイミングに出くわさないと中で座るのは難しいです。(GWなので特に人が多かったのかもしれませんが。)

さて、下呂ソフトはよく見かけるソフトクリームより、とぐろ?が太いのが特徴で、地元の下呂牛乳が使用されているとのこと。食べると舌ざわりがよく、味も濃厚でペロリと食べてしまいました!

下呂プリン(まろやか)は、トロトロで、バニラビーンズの味がしっかりしており、もう一杯!とおかわりしたいくらい美味しかったです。

f:id:buono-buono:20190429230025j:plain f:id:buono-buono:20190429231153j:plain f:id:buono-buono:20190429230051j:plain

下呂温泉のプリン専門店 下呂プリン|食べ歩き & お土産スイーツのお店

柏屋酒店

こちらの酒屋さん、なんと「大改造!劇的ビフォーアフター」でリフォームをし、テレビで放映されたという店舗ということで、行ってきました。

落ち着いた空間に、多くの地酒が並べられており、お酒好きの方は是非足を運んでみてください。タオルとお酒、おちょこがセットになった足湯セットも売っていました。

ちなみに、こちらで購入はしなかったのですが、旅館での夕食時に飲んだ「天領」という地元の日本酒が美味しかったです。甘口です。

f:id:buono-buono:20190429232044j:plain f:id:buono-buono:20190429232005j:plain

飛騨屋

こちらのお店では飛騨牛ラーメンを食べました。

1200円とラーメンとしては少し高めですが、ラーメンの上に載っている大きな飛騨牛が柔らかくて美味しく、麺もちぢれ麺で筆者好みでしたので、満足でした。

スープのダシを牛骨から取っているらしく、さらに牛肉をのせているので少し脂っこさがあるため、好みは分かれるかもしれません。

少し入りづらい雰囲気が漂っていましたが、開けてみると10席近くあるカウンター席はほぼ満席で、また、奥に座敷もあるようで繁盛している様子でした。

他のお客さんが頼んでいた牛丼セットも美味しそうだったので、次に下呂温泉に行く機会があればそちらを食べてみたいと思います。

f:id:buono-buono:20190429232840j:plain f:id:buono-buono:20190429232841j:plain

アン・ドュ・プレジール

こちらはクレープが人気のカフェです。

ということでクレープを紹介したいところではありますが、飛騨牛ラーメンを食べてお腹いっぱいの状態で訪れたため、クレープは注文しませんでした。(すみません)

カウンターで事前に会計を済ませるタイプで、コーヒーを頼み、店内で1時間ほどゆっくり過ごしました。コーヒーのマグカップがシンプルかつオシャレ。

若い人が多く訪れ、みなさんクレープを頼んで美味しそうに食べていました。

f:id:buono-buono:20190429234525j:plain f:id:buono-buono:20190429234528j:plain

高山・下呂・飛騨エリアのカフェ・スイーツは【クレープショップ アン・デュ・プレジール】

アン・デユ・プレジール 下呂森店 – 下呂/クレープ [食べログ]

合掌村

お店が多く立ち並ぶエリアから10分~15分ほど歩いたところにある観光スポットです。

合掌造りの家屋をはじめ、日本の原風景が再現された村です。(入場料大人800円、小人400円)

合掌造りは有名すぎて説明不要かと思いますので、本日ご紹介するのは、合掌村の中にある「森の滑り台」です!

なんと、全長175メートルローラーコースターです。大人になってもローラーコースターって滑りたくなりますよね??合掌村に行けばその願い、叶います。

っていうか子供より大人の方が圧倒的に多かったです(笑)私から見るとおばあちゃんと思うような年齢の方も滑ってました。

写真のとおり、スタート地点にある入場ゲートのような場所で100円を支払い、レッツゴー!

※おしりに敷くマットは借りることができます。

※滑り台のスタート地点までは坂を上る必要があります。

f:id:buono-buono:20190429224954j:plain f:id:buono-buono:20190429225014j:plain

下呂温泉 合掌村 公式ホームページ

いかがでしたか?

素敵なお店ばかりでしたので、下呂温泉に訪れる際はぜひご参考ください。

温泉の紹介はないんかい!というツッコミがあるかもしれませんが、本日の記事は以上です。

アリーヴェデルチ!(さよならだ)

この記事を読んだ人がよく読んでいる記事