お金・投資

株価の指標「PER(株価収益率)」ってなに?その株、割高?割安?

PER

「PER(株価収益率)」という言葉

株式投資をしている人なら

聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも

何を意味する値なのか

どのように使えばいいのか

知っていますか?

私も株式投資をしていますが、

これまで「PER(株価収益率)」は

考慮せずに売買していました。

しかし、より多くの利益を株式投資で得るため、

改めて調べたことをまとめましたので、

ぜひご覧ください。

PERとは

PERというのは、

「Price Earnings Ratio」

という英語の略です。

「株価収益率」

と訳します。

企業の利益水準に対し、

株価が相対的に高いか、低いか

を判定する目安として用いる指標です。

PERは以下のように算出することができます。

PER=1株当たり株式時価÷1株当たり当期純利益

株価を利益で割った値で、単位は”倍”です。

株価が上がる下がる) → PERが上がる下がる

利益が上がる下がる) → PERが下がる上がる

という関係があります。

PERの例

式を見るだけでは分かりづらいと思うので、数字を当てはめてみます。

A社…株価1,000円、1株当たり当期純利益100円

→ PER = 1,000÷100 = 10倍

B社…株価1,000円、1株当たり当期純利益100円

→ PER = 1,000÷50 = 20倍

PERの式から、

PERが高い = 株価が割高

PERが低い = 株価が割安

と考えられるので、

A社のPERが10倍、B社のPERが20倍のときは

A社の株の方が割安と言えます。

PERの注意事項

PERを見る際の注意事項として、

PERに絶対的な基準値は無いということです。

つまり、「PERが〇〇倍の株を買うべき」ということは言えません。

あくまで相対的な指標になります。

 

また、PERの平均値は業種によって異なります

例として、2020年1月東証一部の業種別PERは以下のとおりです。

業種PER
小売業25.9
医薬品25.4
サービス23.0
鉄鋼12.2
銀行業7.7
石油・石炭製品7.5

JPX日本取引所グループHPより抜粋

PERの使い方

じゃあPERに絶対的な基準が無いのに、どうやって使うのでしょうか。

それは

  • 同じ会社の過去のPERと比較する
  • 同業他社のPERと比較する

の2点です。

同じ会社の過去のPERと比較

1点目の同じ会社の過去のPERと比較することについて考えます。

これまでA社のPERが10倍程度で推移してきたとします。

そんなA社のPERがあるとき5倍程度の数値になりました。

PERが低い = 株価が割安なので、

いつもA社のPERは10倍程度なのに5倍程度の今、

A社の株価は過去に比べて割安であると言えます。

 

逆にA社のPERがあるとき15倍程度の数値になりました。

PERが高い = 株価が割高なので、

いつもA社のPERは10倍程度なのに15倍程度の今、

A社の株価は過去に比べて割高であると言えます。

同業他社のPERと比較

2点目の同業他社のPERと比較することについて考えます。

業種ごとにPERの平均値があり、およそ似たような数値になる傾向があります。

つまり、同業種であればPERを比較することができます。

小売業を営んでいるA社のPERが25倍、

同じく小売業を営んでいるB社のPERが20倍とします。

PERが高い = 株価が割高

PERが低い = 株価が割安

だったので、このときB社の株の方が割安と言えます。

まとめ

  • PER(株価収益率)は株価が割高なのか割高なのかを見る指標で、株価と利益から算出される
  • PERに絶対的な基準は無いが、業種ごとに傾向がある
  • 「同じ会社の過去のPERと比較」、「同業他社のPERと比較」することで株価の割高or割安を判断できる
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事