お金・投資

イオンの株主優待(オーナーズカード)で何円くらい得をする?実際に使ってみた感想は「オススメ!」「使わなきゃ損!」

イオンのオーナーズカード、超絶おすすめです!

オーナーズカード

イオン株式会社から

「株主ご優待返金引換証」が届きました!

返金額は3,236円

株主ご優待返金引換証
返金額

 

私は11月~2月の4か月間で107,126円使用しており、

その3%にあたる3,236円が返金されます。

本来、9月~2月(または3月~8月)の6か月間が対象になりますが、私がオーナーズカードを手に入れて使い始めたのが11月からなので、4か月間で考えています。

4か月で3,236円だったので、単純に1年(12か月)に換算すると…

3,236円 × 3 = 9,678円

となり、年間で約10,000円もお得であることが分かります。

これもすべて株主優待で貰える「オーナーズカード」の恩恵です!

今回はそのオーナーズカードについてご紹介いたします。

オーナーズカードって何?

オーナーズカードは、イオン株式会社の株主優待としてもらえるカードです。

具体的なメリットは以下3点です。

  1. 対象店舗での買い物金額の一定割合が返金(キャッシュバック)される
  2. 対象店舗での買い物時に割引を受けられる
  3. イオンラウンジを利用できる
本記事の主旨は①になります。

①一定割合が返金

9~2月または3~8月の半期ごとに、

期間内の対象買い物金額の一定割合が返金されます。

割合は保有株数によって異なります。

3%100株~499株
4%500株~999株
5%1,000株~2,999株
7%3,000株以上

また、対象となる買い物金額の上限があり、

半期ごとに100万円です。

半年で100万円も使うことは無いので、上限は特に気にしていません。

私は最低の100株だけ保有しています

対象店舗はいわゆる「イオン」だけではなく

マックスバリュ、ダイエー、光洋、マルナカ

などイオン系列の様々な店舗が対象となっているので、

「大きなイオンが近くに無い」といった方でも恩恵を受けられます。

詳細はイオン公式HP(外部サイトへリンク)をご覧ください。

私が普段使っているのも大きなイオンではなく、近所の小さなスーパーです。

②割引を受けられる

  • レストランで10%割引
  • 専門店で5%割引
  • 映画館で優待料金

など、対象となる店舗で支払い時に割引を受けられます。

詳細はイオン公式HP(外部サイトへリンク)をご覧ください。

対象店舗が近くに無いため、これらの恩恵は受けたことがありません。

③イオンラウンジを利用できる

一部のイオンモール等にある「イオンラウンジ」を利用できます。

飲み物やお菓子を無料で頂くことができます。

本記事の主旨から外れるので簡単にご紹介すると

  • 1日1回まで
  • 1組4名まで
  • 30分以内
  • セルフサービス
  • ドリンクは1人2杯まで
  • お菓子は1人1つ

といったように制限はいくつかありますが、

行列ができるほど人気です。

※ルールは場所によって異なる可能性があるので、ご自身でご確認ください。

空港のラウンジのような感じですね。

どうやって手に入れる?

オーナーズカードを手に入れる方法は…

株を100株以上購入し、あとは待つだけです。

もう少し厳密な言い方をすると、

株主優待の権利確定日(8月末または2月末)

100株以上所有している状態で迎える必要があります。

私は2019年4月16日に購入し、

8月末の権利確定日を迎え、

10月下旬にオーナーズカードが郵送で(2枚)届きました。

ちなみに、当時の株価は2,012円。

2020年5月9日の終値は2,175円なので当時より少し高いですが

大体20万円強で100株購入することが可能です。

20万円は現金から株に変わるだけで、無くなるわけではないのが購入に踏み切るポイント!

どうやって使う?

使い方は簡単!

対象店舗での会計時にオーナーズカードを渡す(またはカードリーダーに通す)だけです。

対象店舗はイオン公式HP(外部サイトへリンク)をご覧ください。

また、オーナーズカードが送られてくる際に、店舗一覧も同封されています。

注意事項として、支払い方法は以下に限られます。

  • 現金
  • WAON(イオンの電子マネー)
  • イオンマークのカードによるクレジット払い
  • イオンギフトカード

上記以外の方法で支払いをした場合、キャッシュバックの対象外になります。

私は電子マネー「WAON」で支払い、WAONポイントも獲得しています。

どうやって返金される?

半期ごとに郵送で「株主ご優待返金引換証」が届きます。

また、その時期になると、店頭でも案内を見かけるようになります。

株主優待返金引換証

この引換証とオーナーズカード

ご優待返金取扱店舗のサービスカウンター等に持っていくだけです。

引換証と一緒に

「株主ご優待返金取扱店舗のご案内」

というパンフレットが同封されているので、

念のため、いつもの店舗で引き換えできるか確認してから行きましょう。

私は普段買い物をしている小さなスーパーで引き換えました。

店頭での引き換えには期限があり、

期限を過ぎると銀行振り込みとなります。

引換証の裏面に振り込み口座を記入・送付する必要があります。

また、この場合でも有効期限(2年)があるので、注意してください。

実際どれくらい返ってくる?

私の場合は100株保有のため、返金割合は3%

また、普段使っている対象店舗は大きなイオンではなく、

小さなスーパーなので、基本的に購入するのは食料品のみです。

その状況下における4ヶ月間(11月~2月)のみの使用で

買上金額、返金額は以下のとおりです。

買上金額107,126円
返金額3,236円

引換証と一緒に明細も届き、

いつどこで何円使ったのか一覧で確認可能です。

ご利用明細
ご利用明細詳細

冒頭で述べたとおりですが、

4か月で3,236円だったので

12か月(1年)に換算すると

3,236円×3=9,678円

となり、1年間で約10,000円のお金が返ってくることになります。

家族が多い人や、大きな店舗があり日用品等も対象にできる人はもっとお得度が増すと思います。

株主になるメリットはオーナーズカードだけ?

株主になるメリットは、オーナーズカード以外にもあります。

  1. 配当金がもらえる
  2. 所有株数が多いとギフトカードがもらえる
  3. 売却益を得られる可能性がある

①配当金がもらえる

株主優待とは別に、半期に一度、配当金がもらえます。

直近の配当は1株あたり18円だったので

100株で1,800円の配当金をいただきました。

配当

配当金は業績等にも左右されますが、

ここ数年のイオン株式会社の1株あたり配当金は以下のとおりです。

2018.215円
2018.817円
2019.217円
2019.818円
2020.218円

100株保有の場合、1年間で3,500円程度、配当金をもらえることがわかります。

②所有株数が多いとギフトカードがもらえる

本記事の主旨であるオーナーズカードは100株以上でもらえますが、

1000株以上、3年以上継続保有している場合、

1年に1回のみ、ギフトカードがもらえます。

1,000株以上2,000円相当
2,000株以上4,000円相当
3,000株以上6,000円相当
5,000株以上10,000円相当

1,000株購入するには200万円以上必要となるので、私自身は考えていません。

③売却益を得られる可能性がある

一般的に株のイメージといえば、

「安く買って高く売る」ことで利益を得ることだと思います。

もちろんイオンの株でも、

買ったときより値段が上がっていれば、

売ることで利益を得ることができます。

私は1株あたり2,012円で購入しており、

現在(2020年5月9日の終値)は1株あたり2,175円なので、

100株売ることによって約15,000円の利益を得ることができます。

私は株主優待が目的なので売ることはしませんが、

  • 引っ越し等により対象の店舗で買い物することが無くなった
  • 今すぐ現金が必要になった

といったときには、株を売却することで現金(場合によっては利益)を得ることができます。

また、株を売却した場合にも、その半期の間はオーナーズカードは有効です。

株を買ったときの20万円は、現金から株に姿を変えているだけで、無くなるわけではありません。

まとめ

  • イオン株式会社の株を100株以上所有すると「オーナーズカード」が手に入る
  • オーナーズカードのメリットは、対象店舗買上金額の一定割合キャッシュバック、対象店舗での割引、イオンラウンジの利用など。
  • 対象店舗での会計時にオーナーズカードを提示すれば、半期に一度キャッシュバックを受けられる。
  • 所有株数によって割合は変わるが、筆者の場合は、最低の3%でも年間1万円程度のキャッシュバック
  • 株を所有するメリットはオーナーズカードのみならず、配当金、売却益、ギフトカードなどもある。
  • 株を購入する際の約20万円は現金から株に姿を変えているだけなので、必要に応じて現金に戻すことができる。
オーナーズカード、おススメです!
株主として買い物に行くのがなんとなく嬉しいという効果もあります。
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事