暮らし・便利

引っ越しの見積り合わせはするべき?

みなさんこんにちは、ボーノです。

突然ですが、このたび引越しを行うことになりました。

それにあたり、引越し業者の見積もりの大切さを痛感しましたので、記事にしてみます。

タイトルにも書きましたが「引っ越しの見積り合わせはするべき?」という問いに対して、答えは「するべき」です。

筆者の引っ越し歴

私はこれまで3回引越しを行ってきましたが、特に見積もり合わせなどをせず、即決で同じところに頼んでました。だれもが知ってる大手引越し会社です。

そうしてきた理由は、3つあります。

  1. めんどくさい
  2. 大手の方がなんとなく安心
  3. そんなに大きく料金が変わらないと思っていた

いわゆる大手ではないところに頼んだ方が安いというのは風の噂で聞いていましたが、上記の理由により見積もり合わせをすることすらしていませんでした。

初めての見積もり合わせ

ところが今回は、見積もり合わせをしてみることにしました。

そうした理由は、3つあります。

  1. 結婚して荷物が2人分になったのでそもそも高くなるだろうことが予想できた
  2. 以前より節約志向が身についた
  3. 不動産業者の人が紹介してくれるという成り行き

というわけで今回、なんと4社も見積もりを取りました!

仕事ではよく3社見積もりって言いますよね。

プラス1してみました。

見積もり結果

A社100,000円
B社66,000円
C社60,500円
D社57,200円

A社はいつもの大手、他は中小規模の会社です。

びっくりしました、半額近い値段になるんですね。

また、見積もりを取った順番はA,B,C,Dのとおりです。

よそで何円でしたか?など聞かれた際は、正直に答えてました。

(D社は電話口でおよそ限界まで安くしてくれた様子でした…ありがとうございます。)

時期、距離、荷物の量、エレベーター有無などによって値段は変わると思うので、絶対値は参考にならないと思いますが、みなさんも引越しする際は是非見積もり合わせをすることをオススメします!

見積もり方法

引っ越しの見積もりは

  • 家に来てもらい実際に荷物の量を見せて行う
  • 電話で荷物の量などを伝えて行う

の2パターンあります。

今回、4社中2社には家に来てもらって見積もりを行いましたが、残りの2社は電話でトラックの大きさを伝えて見積もりを出して頂きました。

その際、他社の見積り結果のトラックの大きさを伝えました、すみません。

ただし、例えば「3tトラック」と言っても会社によってトラックの大きさが少し違ったりするらしいので、当日のトラブルを避けるためには絶対見てもらった方がいいと思います。

※当日乗り切らないということが一番困るのですが、逆にもうひとつ小さいサイズでもいけた(安くできた)ということもあり得るらしいです。

余談

見積もりの過程で営業の方に聞いた話です。

  • 1年の中では、12月1月が安い
    年末や年始に引っ越しという大きなイベントをしようとする人が少ないからです。
  • 月末は高い
    入居時の家賃は日割りになる一方、退去時の家賃は日割りになりません。
    1日に退去しても31日に退去しても1か月分の家賃が発生します。
    このことから引っ越しは月末が人気となるため、月末は高くなるそうです。

上記2点を合わせると、年明けが一番安いということに….

まとめ

  • 引っ越しの見積もり合わせはするべき
  • その際、全ての会社にきてもらわなくても電話で可(ただしリスクもある)
  • 引っ越しは1年のうちでは12月1月が安く、1か月のうちでは前半が安い
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事