暮らし・便利

らくらくメルカリ便が便利すぎる件|家にある不要な本がお金に変身

メルカリで本が次々売れてます。

遅ればせながら、最近初めてメルカリで出品者となりました。

家にあった書籍の処分をしているのですが、

1か月も経たず10冊ほど売れ、売上金は約1万円となりました。

 

過去に書籍を処分する際、

ネットの古本買取サービスなどを使用したことがあるのですが、

今回の売上の足元にも及びません。

今後は絶対メルカリで売っていこうと思います。

 

でもここで気になるのが出品や発送の手間ですよね。

大きな物品なら少し大変かもしれませんが、書籍ならとても簡単です。

バーコード読み取りで商品情報自動入力

メルカリには「バーコード読み取り」の機能があり、

スマホのカメラでバーコードを読み取ることができます。

メルカリ

バーコードを読み取るだけで

カテゴリや商品名、説明が自動で入力されます。

下の画像はすべて自動で入力された内容です。

メルカリ

あとは商品の状態や配送方法、値段など必要最低限の設定をするだけで出品できます。

私の場合、基本的に説明欄には自分で少し追記しています。

配送方法は「らくらくメルカリ便」が便利で楽チン

出品時に配送方法を選ぶ必要がありますが、

私はいつも「らくらくメルカリ便」を選択しています。

これが大変素晴らしいシステムなんです。

配送方法

らくらくメルカリ便のメリットは

  • 配送料が安い
  • 匿名配送ができる

です。

配送料は手に入るお金に直結するので、言うまでもなくメリットです。

匿名配送のメリットは購入者の方に住所が知られないことに加え、

発送するときに宛名を書く必要がありません

出品者も購入者もお互いに住所を知らせることなく、取引を行うことができます。

顔が見えない個人間での取引なので、この仕組みは安心です。

ネコポスとコンパクト宅急便

じつは「らくらくメルカリ便」の中には、3種類の配送方法があります。

  1. ネコポス
  2. 宅急便コンパクト
  3. 宅急便

それぞれ値段と梱包資材が異なります。

ちなみに私は売っているのが書籍なので、

「ネコポス」と「宅急便コンパクト」のみ使用しています。

ネコポス

送料全国一律195円(税込)
梱包資材自由
サイズA4サイズ、厚さ2.5cm以内、重さ1kg以内

ネコポスは値段が最も安く、ポストに入れてくれるので受け取る側の手間も少ないです。

ただし、ポストに入れるがゆえにサイズの制限が厳しいので注意が必要です。

梱包資材は自由なので、私はホームセンターで以下のような資材を購入して使っています。

この資材に入る=ネコポスで送れる

ということが分かりやすく、梱包も簡単なので便利です。

ネコポス

宅急便コンパクト

送料全国一律380円(税込)
梱包資材専用資材 ※2種類あります。
サイズ専用資材のサイズ

宅急便コンパクトは、少し厚みのあるものを送ることが可能で、

宅急便より送料が安いことが魅力です。

専門書などネコポスのサイズに収まらない場合は宅急便コンパクトを使用しています。

ただし、専用の梱包資材が必要になるので注意してください。

専用資材の詳細はクロネコヤマトさんのHP(よくある質問)から抜粋しますが、

直営店やコンビニで売っており、私はファミリーマートで購入しています。

宅急便コンパクト

宅急便

サイズ・送料全国一律(税込)

60サイズ(~2kg):700円

80サイズ(~5kg):800円

100サイズ(~10kg):1,000円

120サイズ(~15kg):1,100円

140サイズ(~20kg):1,300円

160サイズ(~25kg):1,600円

梱包資材自由

ネコポス、宅急便コンパクトで対応できない物品の場合に使用することになると思います。

梱包資材を含めた荷物の縦、横、高さの合計により値段が変わります。

縦、横、高さの合計が60cm以下かつ重量が2kg以下だったら60サイズといった具合です。

先述のとおり私は使用したことがありません。

発送も簡単

梱包が終われば、下記のいずれかに持ち込みます。

  • クロネコヤマトの営業所
  • コンビニ
  • 宅配便ロッカーPUDO

メルカリアプリ内で発行されるQRコード等を使用し、

宛名を記載することもなく簡単に済ませることができます

私は「宅配便ロッカーPUDO」を使用しており、24時間いつでも発送作業ができるので大変助かっています。

まとめ

  • 本を処分する際はメルカリで出品するのがお得
  • バーコードを読み込むことで簡単に出品可能
  • らくらくメルカリ便を使えば楽チン、安心、安い
「メルカリで売れるものないかな?」という視点で家の中を見るようになりました。
この記事を読んだ人がよく読んでいる記事